尚美学園大学が奏でるコンクール自由曲集『泣く女/田村文生』〈日本の音楽大学撰 第2集〉

¥2,500 (税別)

お待たせいたしました!昨年話題をよんだ「日本の音楽大学撰」の第2弾!本年は尚美学園大学の登場!
聴き逃してはならない必聴の吹奏楽CDがここに!

商品を購入

商品カテゴリー: 商品タグ:

説明

【佐藤正人】
秋田県出身。武蔵野音楽大学でクラリネットを専攻。松代晃明、千葉国夫両氏に師事。昭和58年埼玉県川越市野田中学校音楽科教諭として着任。12年間教職を勤める。吹奏楽部を全国有数のバンドに育てた。音楽教育では、平成3年度埼玉県長期派遣研修教員として、東京芸術大学大学院音楽教育研究室で山本文茂氏のもと研鑽を積む。平成7年4月より東京ミュージック&メディアアーツ尚美講師として着任し現在に至る。この間、各地の中学校・高等学校・吹奏楽団への吹奏楽指導、客演、クリニック・講習会の講師、審査員、執筆活動等も行う。吹奏楽コンクールでは全国大会へ延べ34団体を指揮し、20回の金賞、14回の銀賞を受賞。2006年全日本吹奏楽コンクール長年出場指揮者賞(15年)受賞。2010年度秋田県第32回木内音楽賞特別賞受賞。川越奏和奏友会吹奏楽団、秋田吹奏楽団、ソノーレウィンドアンサンブル、立正大学吹奏楽部音楽監督、武蔵野音楽大学、埼玉県立松伏高等学校音楽科講師、尚美学園大学、ノースアジア大学客員教授、渋谷区青少年吹奏楽団常任指揮者、「21世紀の吹奏楽《響宴》」実行委員、日本管打・吹奏楽学会理事。

【尚美ウィンド・フィルハーモニー】
1981年に開学した尚美音楽短期大学時代から、本学の吹奏楽は小澤俊朗、秋山紀夫、藤田玄播、林紀人、大橋幸夫、後藤文夫、淀彰、新田孝、加養浩幸の歴代指導者により幾度かのバンド名変更とともに発展。2004年に4年制大学に改組開学した後の2005年、CD「イントゥー・ジ・エアー」をリリースの他、毎年の定期演奏会、沖縄と韓国への演奏旅行、航空自衛隊航空中央音楽隊との合同演奏会、東邦音楽大学と2音大クラシックコンサートで共演(川越市主催)、日本ユーフォニアム・テューバ協会フェスティバルにおける著名ソリストと協奏曲共演(外囿祥一郎、岩黒綾乃、大塚哲也[2005年]、齋藤充、鎌田裕子、佐藤和彦、柳生和大[2010年])、福島県相馬市の依頼による相馬民謡CD録音等、多岐にわたる演奏活動を実施。2014年度より佐藤正人氏を客員教授に迎え、常任指揮者の後藤文夫教授と共に、その指導のもと、一層の研鑽に励んでいる。

収録曲

■ 古楠に寄せて ~吹奏楽のための頌歌~(中橋 愛生)
■ グランドストーリー(江原 大介)
■ コフレキャドー ~導きの箱~(前田 恵実)
■ All Your life ~君が人生のすべて~(清水 大輔)
■ 白の草原にまつわる物語(朴 守賢)
■ 交響曲第2番より 第5楽章(チャールズ・アイヴズ/足立 正 編曲)
■ 泣く女(田村 文生)

指揮:佐藤正人
演奏:尚美ウィンド・フィルハーモニー

各種リンク

レビュー

レビューはまだありません。

“尚美学園大学が奏でるコンクール自由曲集『泣く女/田村文生』〈日本の音楽大学撰 第2集〉” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です